2016年度船橋市一般会計予算案(2016年2月19日、市長から正式提案予定)に関する「予算参考資料」抜粋4「労働費・農林水産業費・商工費」(太字部分ならびに私(朝倉)が注目した部分)

★2016年度船橋市一般会計予算案(2016年2月19日、市長から正式提案予定)に関する「予算参考資料」抜粋4「労働費・農林水産業費・商工費」(太字部分ならびに私(朝倉)が注目した部分)

2016年2月19日に開会される船橋市議会3月議会で審議される2016年度(平成28年度)予算案は膨大でとても全部をUPすることはできません。しかし、できれば、市民ができるだけその審議過程を知り、市議を通して意見を言っていくことが必要と私は考えています。そこで、「予算参考資料」として議員に事前配布される資料のうちで、各予算案の中で、「太字」の部分のみを掲載します。

160212予算参考資料抜粋キャプチャ

この「太字」は新規事業や市が強調したい事業です。なお金額も書かれていますが、全体の中での金額や前年度の比較などをしないと評価しがたいので掲載しません。個別にこだわる部分について予算案の金額を知りたい方は個別にお問い合わせください。なお、文面だけでは内容がわからないものもあります。それについては私自身が2月22~24日の議案等説明会で質疑し明らかにしますので、それ以降お問い合わせください。

また太字ではないが、朝倉が特に注目した部分(その中には賛成の事業も反対の事業もあります)★朝倉注目事業として後半に付記して表示します。なお、この予算に対する賛否は市の説明を聞きながら熟考します。したがってここに記述した予算案に私が全て賛成しているわけではありません。

このように抜粋してもなお膨大なので、各部予算ごとに分割掲載します。今回は「労働費・農林水産業費・商工費」です。

よくお読みいただき、ご意見があれば、メールなどでお寄せください。

  • 予算説明資料太字強調事業(番号は、私に対して問い合わせ・質疑などがしやすいように便宜上私が付与したもので、それ以上の意味はありません。)

①障害者就労支援事業費

障害者の雇用促進を図るため、障害者を職場実習に5日以上受け入れた事業主に対し、奨励金を交付する。また、職場実習を受け入れる企業の開拓を行う。2016年度(平成28年度)から新たに就職者発表会を開催する。

②耕作放棄地解消事業に向けた調査研究に係る経費

工作放棄地の解消及び市民農園としての活用を検討する。

③農業振興計画策定事業費

2006年度(平成18年度)に策定した農業振興計画の高架について検証し、農業政策の新たな変化への対応と、今後の農業の長期的展望を踏まえた都市農業の振興を目指し、2016・17年度(平成28・29年度)の2か年で新たな計画を策定する。

④東京湾漁業総合対策事業費補助金

青潮に対し有効とされる水流発生装置を設置するため、経費の一部を助成する。

⑤漁業後継者対策事業費補助金(新規)

漁業後継者や新規漁業者が行う高性能漁具の整備や新規漁業者を受け入れるために行う研修に係る経費の一部を助成する。

⑧地方卸売市場事業会計出資金(管理棟太陽光発電設備工事分)

⑨商店街まちづくり・賑わい推進モデル事業

⑩個店の魅力向上事業費(新規)

個店の無力の向上を図り商店街等のにぎわいにつなげるため、船橋商工会議所が行う個店の魅力表彰事業に要する経費を補助する。

⑪インバウンド誘致促進事業費(新規)

まちのにぎわいと商業の活性化を図るため、商店街などが行う外国人観光客を取り込むための事業の経費の一部を助成する。

⑫商業振興諸経費

船橋らしい産品をブランドとして育てるためのイベントの実施や地産地消等の促進を目的とした朝市を開催し、地域経済の活性化を図る。

1産品ブランド推進事業費

2016年度(平成28年度)は、都内への期間限定アンテナショップの出店等により、ふなばし産品ブランドのさらなる周知を図る。また、新たな工業・工芸品の認証を行う。

2朝市開催事業費

⑬工業活性化事業費

船橋商工会議所が行う工業活性化事業に要する経費の一部を助成する。企業の業務継続計画(BCP計画、Business Continuity Plan)の策定を促進するため、補助金を増額する。

⑭ベンチャー企業育成事業費(新規)

ベンチャー企業等の開発した新規性のある製品について、「優れたものづくり製品」として認定し、市で試用することで販路開拓支援を行う。

⑮地域産業を担う子ども育成事業費(新規)

小・中学生にものづくりに関心を持ってもらうことを目的に、市内の小・中学生がインタビュアー(interviewer)になり、企業を紹介する動画を作成する。

⑯工業団地強化推進事業費(新規)

業務継続計画(BCP計画、Business Continuity Plan)の策定を促進するための講座を実施する。

⑰新事業創出者事業推進費

独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営する船橋新事業創出事業施設(インキュベーションincubation施設)の用地借上げを行うとともに、入居企業の賃料の一部を助成する。

また、同施設を卒業した企業等が市内に事業所を取得または借り上げた場合に、経費の一部を助成する。「競争力の高い成長分野の産業(医療・健康・環境・新エネルギー)」にあたっては、入居費補助金を2割増強する。

⑱地域産業振興費

本市産業のさらなる発展のため、市民及び事業者と関係者が一体となった「チーム船橋」としての連携強化を図る。

1チーム船橋推進プロジェクト事業費(新規)

商工業戦略プランの実効性を高めるために、推進会議と各重点プロジェクトごとに推進組織を設置し、各種事業の推進と進捗管理を行う。

2共同ビジネスマッチング事業費(新規)

本市商工業の販路拡大を促進するため、船橋商工会議所が行う共同ビジネスマッチング事業に係る経費を助成する。

3ホームページ等活用支援事業費(新規)

ホームページ(homepage)やSNS(social network survise)の活用ができていない商店街や企業、個人事業主などを対象に講習会を実施するとともに、ホームページ等の新規開設、リニューアル(renewal)に係る経費の一部を助成する。

4海外販路拡大支援事業費(新規)

市内中小企業者の海外への販路拡大を目的に、海外展示会出展に係る経費及びジェトロ千葉が実施する中小企業国際ビジネス実務支援事業を利用するための経費の一部を助成する。

⑲中小企業融資利子補給金

市融資制度により資金を借り受けた中小企業に対し、利子の一部を助成する。2016年度(平成28年度)から新たに日本政策金融公庫の一部の融資についても対象とする。

(船橋市中小企業融資資金利子補給規則)

 

⑳創業支援推進費

船橋市創業支援事業計画に位置付けられる創業支援事業として、女性のための起業講座を啓発事業として実施する。また、船橋商工会議所が実施する創業塾の卒業生等の交流会を開催し、創業のネットワークを強化する。さらなる市内創業への支援を行うため、創業塾の卒業生及び第2創業(先代から事業を引き継いだ場合などに業態転換や新事業・新分野に進出するもの)を対象にした創業実践塾を実施する。

 

21海浜公園整備費 監視カメラ設置実施設計委託

22観光団体補助金

市民まつりや菊花展の事業を主催するほか、大神宮相撲大会・ばか面踊り等を講演する観光協会に助成する。2017年(平成29年)4月の法人化に向け、準備経費について補助金を増額する。

23観光振興種経費

2016年度(平成28年度)は鉄道駅スタンプラリーを実施する。

 

★予算参考資料、朝倉注目事業(太字でない部分)

①勤労市民センター整備費

老朽化した勤労市民センターを改修する。改修計画策定委託・特定天井改修基本設計委託。

②農業後継者対策費

③なし産地育成事業費補助金

④農産物ブランド推進事業費

⑤土壌消毒事業費補助金

⑥放射性物質検査委託事業費

船橋産農産物の安全を確認するため、市内農産物及び土壌の放射性物質検査を行う。

⑦さわやか畜産総合展開事業費補助金 堆肥生産経費の一部を助成する。

⑧水産業体験講座推進事業費

市民の漁業に対する理解を図るため、漁業の講座及び漁業体験等を通じてPRを行う。

⑨経済ミーティング事業費

農水産業者及び商工業者の若手経営者を対象とした講演会、意見交換会等を開催する。

 

 



朝倉幹晴(あさくらみきはる)


facebook Twitter
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

過去の記事