【船橋市教育委員会から報告】令和3年9月1日以降の緊急事態宣言期間中における教育活動について。(8月27日)

2021年8月27日 船橋市議 朝倉幹晴

船橋市教育委員会から、9月1日以降の緊急事態宣言期間中における教育活動に関して以下の報告をいただきました。

令和3年8月27日
議 員 各 位
学校教育部長

令和3年9月1日以降の緊急事態宣言期間中における教育活動について

令和3年9月1日(水)以降の船橋市立小・中・特別支援学校の教育活動につきましては、以下のとおり実施することとしましたのでご報告いたします。
なお、高等学校につきましては、県教育委員会から各県立学校長あてに通知された内容に準じて対応いたします。

1 令和3年9月1日(水)から9月3日(金)までは、1日2時間程度の登校を基本とし分散登校を実施する。

2 9月1日(水)から9月3日(金)までは、給食は実施しない。

3 登校時には、①児童生徒の健康観察、②夏休みの課題の確認、③オンライン授業の準備を行う。

4 9月6日(月)から9月10日(金)までは、通常どおりの時間に登校し、給食後に下校する短縮日課を実施する。

5 9月13日(月)以降は、通常の教育活動を行う。

6 緊急事態宣言期間中の校外学習及び修学旅行については、延期又は中止とする。ただし、県内修学旅行については、教育委員会と協議する。

7 8月28日(土)から9月12日(日)の期間、部活動は実施しない。ただし、各種大会に出場が決定している学校については、大会2週間前から放課後1日90分以内の活動とし、朝練習は実施せず、週に2日以上の休養日を設けることとする。

(イラストはイメージです)

朝倉幹晴をフォローする