【5月19日船橋市子育て支援部方針】新型コロナウイルス感染拡大防止のための保育所等の今後の対応(子育て支援部長から報告)

2020年5月19日 船橋市議 朝倉幹晴

船橋市子育て支援部長から以下のご報告をいただきました。

令和2年5月19日

議員各位

子育て支援部長

新型コロナウイルス感染拡大防止のための保育所等の今後の対応について(報告)

現在、保育所、認定こども園、小規模保育事業及び家庭的保育事業については、令和2年4月21日(火)から令和2年5月31日(日)まで臨時休園していますが、今月中の緊急事態宣言の解除に関わらず、下記のとおり対応することとします。

①臨時休園期間は5月31日まで維持
臨時休園期間中に緊急事態宣言が解除されても、引き続き5月31日まで臨時休園します。
※緊急事態宣言解除に伴い、新たに保育所等の利用を希望する保護者は、「臨時休園に伴う保育利用申込書」を施設に提出していただきます。

②6月1日以降の対応について
感染拡大防止のため、6月30日まで登園自粛期間とします。
※感染拡大防止のため休業している企業にお勤めの方、育児休業中の方、親族等の協力が得られる方など家庭での保育が可能な方については、家庭での保育にご協力いただくようお願いいたします。
※各施設においては、感染状況等を踏まえながら通常保育再開への準備等をお願いいたします。
※保育料については、これまでと同様に登園自粛日数分を日割り計算により減免します。

③その他
緊急事態宣言が解除されず延期された場合には、臨時休園期間を延長する予定です。その場合、改めて保護者及び事業者へ周知する予定です。
認可外保育施設についても、6月30日までの登園自粛を要請し、自粛日数に相当する保育料を補助します。

(フリーイラストより)

朝倉幹晴をフォローする