「船橋市パートナーシップ宣誓制度」の実施に対する意見募集(パブリックコメント)と12月からの施行予定について。(8月25日船橋市市民生活部長より報告)


2021年8月25日 船橋市議、船橋市LGBT・性の多様性を考える議員連盟会長 朝倉幹晴

船橋市市民生活部長より以下の報告をいただきました。以下の基本的な考え方をこれからパブリックコメントにかけ、それを踏まえた上で、12月に制度施行を目指す方向です。

令和3年8月25日
議員各位
市民生活部長

「船橋市パートナーシップ宣誓制度」の実施に対する
意見募集(パブリックコメント)について(報告)

1.      目的
様々な事情から婚姻に至らない関係にある方々への社会的理解が進み、「誰もがお互いの個性や価値観を理解・尊重し、自分らしく輝けるまち」の実現を目指し、互いに人生のパートナーとする二者のパートナーシップの宣誓を市が証明する「船橋市パートナーシップ宣誓制度」の実施を予定しています。
より良い制度として実施するため、「船橋市パートナーシップ宣誓制度に関する考え方」に対する意見募集(パブリックコメント)を行います。

2.意見募集(パブリックコメント)の内容
別紙のとおり

3. 意見募集期間
令和3年10月1日(金曜日)~令和3年10月31日(日曜日)

4.制度実施のスケジュール(予定)
(1)令和3年11月    パブリックコメント回答・取りまとめ
(2)令和3年11月      市民への周知(リーフレット配布)
(3)令和3年12月    施行

 

 

議員連盟が当事者とともに今年1月に出した要望以降、様々な準備を経てようやく年内(12月)施行にできそうです。

「船橋市パートナーシップ制度の早期実施を求める要望書」を辻副市長に提出(船橋市LGBT・性の多様性を考える議員連盟、2021年1月27日)

朝倉幹晴をフォローする