【船橋市教育委員会学校教育部長より報告】令和3年9月27日(月)以降の教育活動について。

2021年9月22日 船橋市議 朝倉幹晴

船橋市教育委員会学校教育部長より、以下の報告をいただきました。

令和3年9月22日
議 員 各 位
学校教育部長

令和3年9月27日(月)以降の教育活動について

教育委員会としましては、緊急事態宣言が発令されている中、9月1日(水)から3日間の分散登校、9月6日(月)から給食後下校の短縮日課と段階を経て教育活動の実施を指示してまいりました。
この間、地域の感染状況について保健所と情報を共有するとともに、公衆衛生学の専門家の方に通常の学校教育活動に向けての相談をしてまいりました。
その結果、緊急事態宣言期間中ではありますが、令和3年9月27日(月)以降の船橋市立小・中・特別支援学校の教育活動を、以下のとおりとしましたのでお知らせいたします。

1 9月27日(月)以降は、通常の教育活動を実施します。

2 校外学習(修学旅行を含む)については、緊急事態宣言期間中は原則として実施しま
せん。

3 部活動については、緊急事態宣言期間中は、原則として実施しません。
ただし、「中学校総合体育大会駅伝の部」に限っては、練習開始を9月27日(月)
以降としますが、段階的な練習計画で実施します。

※高等学校につきましては、10月1日(金)までは現状の対策を継続します。10月2日(土)からにつきましては、今後の社会情勢、感染状況等を考慮し判断して、後日、学校ホームページ(保護者専用ページ)に掲載します。

イラストはイメージです。

朝倉幹晴をフォローする