東葉高速線新駅(2026年度開業予定、海老川との交差地点、駅名未定)と船橋市内各駅までの料金(&海老川上流地区街づくり予算への朝倉の質疑と議決態度)

2022年4月27日 船橋市議 朝倉幹晴

2022年3月25日(金)、船橋市議会本会議で松戸徹船橋市長からの海老川上流街づくりの初年度予算を含む予算案の採決が行われ、賛成41反対8で可決されました。この問題は市議会や市民の間で3年間以上ずっと賛否両論議論されてきた問題です。予算案可決の結果、以下の日程で街づくりが進んでいくことがほぼ確定的となりました。(3月19日に土地区画整理組合は設立総会実施済)

2022・23年度 東葉高速線新駅に係る概略設計・詳細設計、船橋市立医療センター新築に係る基本設計・実施設計(新駅近くに新築し現在の位置から移転)
2023年11月ごろ 仮換地指定。指定後、船橋市立医療センター新築予定地を市が購入
2024年度 新駅・船橋市立医療センター新築工事着工
2026年度 新駅開業、船橋市立医療センター移転地で開院
2032年度 換地処分、組合解散

この中で、東葉高速線新駅の開業について、料金はどうなるかとのご質問が特に東葉高速線沿線の市民の方々から数多く寄せられましたので、市の担当課を通じて調査いたしました。2022年4月時点の料金と距離から推定される料金は以下の通りです。もちろん全体の料金が2026年度前に改訂された場合は、それに比例して改訂されます。その節はまた改めてご報告いたします。
なお新駅名に決定にあたっては公募などを行い市民の参加ができるよう求めてまいります。

参考 海老川上流地区街づくりの全体像(市の説明資料)

●参考 海老川上流地区街づくり(メディカルタウン構想)予算への朝倉の質疑と議決態度

私(朝倉)は、市議の役割は船橋市に関する情報はできるだけ市民の方々にお知らせすることと考えており、本公式サイトや議会報告書(あさくらだより)で報告してまいりました。ただ、市議の役割は市の決定の広報だけではありません。市議は市長からの提案に対して質疑や改善提案ができ、市議会の多数がまとまれば、問題があると感じた議案は否決・差し戻しができます。市議の市議会での議決態度は重い責任が伴います。
上記のように、新駅に関する今回の決定をお知らせしましたが、私自身は、船橋市内の各地の街づくり(二和の国家公務員宿舎跡地、行田の国家公務員宿舎跡地、東部公民館建て替えなど)が進んでない中で、海老川上流街づくり(メディカルタウン構想)に総額で55億9275万円の市の予算(税金)(新駅設置に約65億円、医療センター用地に約60億円を合わせると約181億の税金支出)を支出をする第一段階の予算案に対して現時点(2022年3月時点)でGoサインを出すのは拙速である、また流域・下流の市民の方から出されている水害の危惧に関する趣味レーションの結果と住民への説明後に提案すべきであるとの考えで反対しました。結果は反対8、賛成41で可決されました。
決まってしまった以上、今後は55億9275万円(新駅設置に約65億円、医療センター用地に約60億円を合わせると約181億の税金支出)以上に追加で市の支出を増やさないこととを監視しながら、よい街づくりに進むように見続けてまいります。

参考 2022年3月18日、船橋市議会予算決算委員会での朝倉質疑の録画中継(海老川上流地区に関する質疑は最初の14分、その後10分は在宅医療のヘルスプロモーションを質疑)

 

朝倉幹晴をフォローする