コロナウイルス修飾ウリジンRNAワクチンの塩基配列(4284塩基)・ウイルスSタンパク質との配列比較・翻訳アミノ酸配列一覧(暫定公開)

★↓見やすく改訂したものを以下に公開しましたので、以下をクリックしてご覧ください。(3月4日加筆)

コロナウイルス修飾ウリジンRNAワクチン(SARS-CoV-2)(コミナテイ筋注)(トジナメラン・BNT162b2)の4284塩基配列とウイルスSタンパク質mRNA塩基配列・翻訳1273アミノ酸配列(読み枠付き)

 

 

2021年2月27日(土) 予備校生物科講師・分子生物学会会員・船橋市議 朝倉幹晴

2月14日に特例承認され、これから日本人の多くが接種することになる可能性がある「コロナウイルス修飾ウリジンRNAワクチン」(コミナティ筋注・トジナメラン BNT162b2)の塩基配列(4284塩基)情報は、厚生労働省に提出された文書等に明記・公開されています。また、その開発のもととなったのSARS-CoV-2の突起タンパク質(Sタンパク質)を指定する塩基配列情報も公開されています。しかし、その両者の間の同義置換(同じアミノ酸を指定する置換)の対応表については、どうしても見つけることができませんでした。そこで、対応表を作成しましたので、ご活用ください。
「暫定公開」としたのは、本当はこの表の読み方をきちんとワクチンを受ける可能性のある誰でもが理解できるように解説しなおしたいと思っているからです。しかし、この表の作成自体に3日間を要しているので、さらにわかりやすいように解説するのはしばし準備が必要です。
 それでも、この表については、私自身が求めていたように、速めに必要とされる方もおられるとおもいますので、暫定公開します。

 

★1行目 「コロナウイルス修飾ウリジンRNAワクチン」
だたし、Uと書いてあるのは実際は全てm1Ψ(1メチルーシュードウリジン、これが正式名の「修飾ウリジン」のこと)に置換されています。したがって、ΨあるいはY(厚生労働省表記)に置き換えたほうがよいです。しかし、SARS-CoV-2の突起タンパク質(Sタンパク質)を指定する塩基配列との置換部分を違いを強調するため、あえてUのまま残しました。青部分がSARS-CoV-2との同義置換部分です。

★2行目 SARS-CoV-2のSタンパク質指定のアミノ酸配列。赤部分がワクチンにおいて置換されている配列です。
(原本をWordで作った関係でUAGCの文字間の表示の幅が異なる影響で1・2行目の上下が完全に対応してません。それも含めて解説作成の時までに整備します。)
★3行目 翻訳されるアミノ酸配列(緑部分のみウイルスと異なります
(またここには、同じく緑で「変異株」の変異部位を示しました
アミノ酸1文字表記 F:フェニルアラニン(Phe) L:ロイシン(Leu)  I:イソロイシン(Ile) M:メチオニン(Met)                                              V:バリン(Val)  S:セリン(Ser)  P:プロリン(Pro)   T:トレオニン(Thr)  A:アラニン(Ala)
Y:チロシン(Tyr)  H:ヒスチジン(His)   Q:グルタミン(Gln)  N:アスパラギン(Asn)
K:リシン(Lys)  D:アスパラギン酸(Asp)  E:グルタミン酸(Glu)  C:システイン(Cys)
W:トリプトファン(Trp)  R:アルギニン(Arg)   G:グリシン(Gly)












参考
●2020年発行、拙著「ウイルスと遺伝子」「ナイチンゲール生誕200年ーその執念と夢ー」発行とご購入方法のご案内

●2月24日、船橋市議会での朝倉幹晴質疑録画中継(47分)(1ワクチン、2変異株対策、3パルスオキシメーター、4心のケア、5大学生への支援、6自治体Dx、7塚田南小の学区、8広報ふなばし配布形態、9東日本大震災10年)

●動画「イギリス・南アフリカで発生したウイルス変異型の基礎知識」(37分)(2020年1月10日20時時点)

●動画「ウイルス・遺伝子・免疫・ワクチン・対抗薬の基礎知識」(57分)(2020年12月24日)

朝倉幹晴をフォローする