【船橋市・3月11日報告】ゲノム解析による「オミクロン株BA.2系統」の確認(市中感染の可能性)について。

2022年3月11日 船橋市議・日本分子生物学会会員 朝倉幹晴

船橋市保健所理事より、以下のように、ゲノム解析による「オミクロン株BA.2系統」確認(市中感染の可能性のあり)の報告をいただきました。下記に添付した1月からの準備・検査による判明です。

<参考>(1月14日時点記事)

2022年1月14日 船橋市議 朝倉幹晴

船橋市保健所理事から以下のような報告をいただきました。

昨日までの私の日報の中で次のように表現していたことの具体的に実施となりました。

なお、オミクロン株に関するPCR検査体制などについては今年に発売予定の試薬が整いしだい実施できるように準備中とのことです(昨年12月28日、保健所検査室の聴き取りで確認)。
正式にスタートしましたらまたご報告します。参考に、私も動向を注目している代表的な試薬提供メーカー「タカラバイオ」の発表記事を貼ります。
参考 新型コロナウイルスのオミクロン株に特徴的なE484A変異およびG339D変異を検出するPCR試薬(研究用試薬)を販売開始(タカラバイオ)

参考 2021年12月2日、日本分子生物学会フォーラム、朝倉幹晴発表要旨、発表資料&関連リンク先一覧

 

 

朝倉幹晴をフォローする