2022年大学入試共通テスト数ⅠA第1問[1](配点10点)問題・解答・解説

2022年9月 予備校講師・船橋市議 朝倉幹晴
2022年大学入試共通テスト数ⅠA第1問[1](配点10点)の解答・解説を作成しました。勉強・入試対策にご活用ください。問題の末尾をクリックすると解答・解説ページに飛びます。

2022年大学入試共通テスト数ⅠA第1問[1(配点10点)

[1]実数a、b、cが
a+b+c=1・・・・・
および
a2+b2+c2=13・・・・・
を満たしているとする。

(1)(a+b+c)2を展開した式において、を用いると
ab+bc+ca=アイ(2点)
であることがわかる。よって
(a-b)2+(b−c)2+(c-a)2ウエ(2点)
である。

(2)の場合に、(a-b)(b−c)(c-a)の値を求めてみよう。

b−c=x、c-a=yとおくと

である。また、(1)の計算から
x2+y2キク(2点)
が成り立つ。
これらより

である。

朝倉幹晴をフォローする